まぐろ不動産

繁栄と富と幸福を築くまでの記録。投資利益でまぐろ保護もしたいです。

スポンサーサイト

にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ
にほんブログ村
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

低利のバリアフリー賃貸住宅貸し付け

にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ
にほんブログ村
私の記憶によると、けっこう規模が大きくないと使えない制度だったと思います。この制度、高齢者に貸さなくても罰則ないみたいですね。高齢者に貸し出して孤独死されてたら困るし、、という気持ちはわかりますが、それを条件に

低利のバリアフリー賃貸住宅貸し付け

利用しているんだから、「学生専用」の看板はさすがにルール違反と思います。


高齢者向け賃貸住宅、お年寄りほとんど住まず
 独立行政法人の住宅金融支援機構がマンションなどのオーナーに建設資金を貸し付ける際、実際は高齢者を対象に募集する意思がないのに、低利のバリアフリー賃貸住宅貸し付けを利用し、
その後、ほとんど高齢者を住まわせていないケースが多いことが16日、会計検査院の調べで分かった。検査院は同日、住宅金融支援機構に対し、審査を徹底するよう改善を求めた。

...中略

機構はこうした登録状況にもかかわらず、事態を確認せずに資金を交付していた。
 さきの103件のうち、オーナーが想定する入居者はサラリーマンなど76件、新婚者22件、学生22件となっていて、高齢者を想定していたものはたった3件だった。検査院によると、
学生専用」の看板がかけられたマンションもあったという。
 また103件のうち、高齢者が入居していたのは5件、1179戸中15戸しか高齢者が住んでいなかった。これは通常の民間マンションよりはるかに低い数値だった。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。